ロゴの画像

クラミジア

概要

クラミジアは、性行為によって感染します。性感染症の代表のように語られ、陰部のイメージが強いかもしれませんが、性器以外にも、オーラルセックスやアナルセックスを介して、目やのど、直腸の粘膜に感染することもあります。

日本で最も多い性感染症ですが、女性は症状が分かりにくく無症状である事が多いため、パートナーに知らないうちにうつしてしまっている事が多いとされています。気づかないまま時間が経つと子宮外妊娠や流産、不妊症に繋がってしまう事があります。特に現在では10代から20代の女性が多いとされています。

原因

病原菌であるクラミジア・トラコマティスが性行為を通して相手の粘膜に付着して発症します。主に直腸や性器、咽頭が多い部位とされています。感染したまま出産してしまうと胎児にうつしてしまう可能性があります。

症状

女性はおりものが増加し、においや性状の変化、不正出血、性交痛、下腹部痛、外陰部掻痒感、腫脹がありますが無症状であることが多いため気づかないことが多いです。

男性は陰部に少量の分泌物や不快感、掻痒感、排尿時痛、性行為中の痛みなどがあります。

検査・診断

男性の場合は尿検査が多く女性は膣分泌物を採取し採血などを通して診断される事が多いです。

治療

抗生剤の内服を7日から14日間行います。内服中の性行為や飲酒はなるべく控えてもらいます。

予防/治療後の注意

パートナーに協力してもらいコンドーム着用をしてもらう事で防ぐ事ができます。また複数パートナーがいる場合は定期的に検査をし感染拡大を防ぐ事が重要となってきます。