ロゴの画像

性感染症

性感染症には、非常に多くの種類があります。症状が出るものもあれば出ないものもあるため、もしかしたら?と思ったらお早めに相談ください。

主な性感染症

クラミジア

クラミジアは、性行為によって感染します。性感染症の代表のように語られ、陰部のイメージが強いかもしれませんが、性器以外にも、オーラルセックスやアナルセックスを介して、目やのど、直腸の粘膜に感染することもあります。

日本で最も多い性感染症ですが、女性は症状が分かりにくく無症状である事が多いため、パートナーに知らないうちにうつしてしまっている事が多いとされています。気づかないまま時間が経つと子宮外妊娠や流産、不妊症に繋がってしまう事があります。特に現在では10代から20代の女性が多いとされています。

淋菌

淋菌は子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、付属器炎、骨盤内炎症性疾患、肝周囲炎、結膜炎、咽頭炎などを起こす菌です。半分くらいの人が無症状と言われています。クラミジアと重複して感染することも多い感染症です。

膣トリコモナス

鞭毛虫類に属するトリコモナスと呼ばれる大きさ0.1ミリくらいの原虫に感染して、膣・膀胱・外陰部を中心に炎症が起こる性感染症です。幅広い年齢層に感染が見られます。

ヘルペス

性器ヘルペスは、ヘルペス感染症のひとつです。ヘルペス感染症は、単純ヘルペスウイルス(HSV-1、HSV-2)によって、性器の周りに水疱性、潰瘍性の病変ができる病気です。痛みや違和感を感じることが多いです。一度感染すると、体内にウイルスが残るため、再発することが非常に多くなっています。一方で、ウイルスに感染していても無症状でウイルスの排出のみしていることもあり、知らないうちに他人に感染させていることもあります。