ロゴの画像
生理前のイライラはなんでおこる?PMS(月経前症候群)について解説

生理前のイライラはなんでおこる?PMS(月経前症候群)について解説

2021-06-15 お役立ち記事

目次

イライラの原因:PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群:premenstrual syndrome)とは、生理が始まる3~10日ほど前から身体や心にいろいろな症状が起こることを指します。生理前のイライラも症状のひとつです。 これらの症状は生理の開始とともに弱まったり無くなったりします。

目に見えない不調について知ろう

PMS(月経前症候群)は「生理前のイライラ」に加え、目に見えない精神的な不調が多く見られます。たとえば、

イライラする ・集中できない ・日中も眠くて仕方ない ・情緒が不安定になる ・食欲不振または増加 …等の症状があります。

また、身体的な症状としては、 ・頭痛 ・いつもより食事の量が多い ・頭痛 ・むくみ ・肌が荒れる …等の症状があります。

これらの症状をサインに生理の周期を把握している人も多いのではないでしょうか。

また個人差はありますが、精神的不調が強い場合は月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)になる場合もあります。これは、抑うつ気分、不安・緊張、情緒不安定、怒り・イライラの4つの症状が中心になっています。発症する原因や詳しい病態についてはまだ明らかにはなっていません。しかし、自分の不調がPMS(生理前症候群)が原因であると知るだけでも、ストレスは改善されます。

我慢しなくていい

PMS(月経前症候群)は「我慢をしないこと」が大切です。我慢をしてしまうと、さらにストレスが生まれるという悪循環に陥ってしまいます。毎月やってくる不調は、あなた自身や周りの環境のせいではなく、ホルモンによる影響であると知ることが大切です。

対策としては、自分が心地いいと思える場所に行く、規則正しい生活習慣を心がけてみる、軽い運動をする、などが効果的です。また、大著の変化を日記やカレンダーに記録することで、事前に準備ができるようになります。生理の始まる1~2週間前を目安に自分の身体と心の状態を振り返るようにしましょう。

薬による治療としては、低用量ピルなどで排卵を抑える方法、精神安定剤や鎮痛剤、むくみ対策のための利尿剤等を処方する方法、個人に合わせて漢方薬を処方する方法などがあります。

女性はライフスタイルによるストレスへの影響が生理やPMS(生理前症候群)に大きく関わります。我慢することなく、自分の体と心に向き合っていくことが大切です。

ゼロマチクリニックでは、診断後ピルの処方が可能です。ピルの服用は、その後の妊娠には影響を与えません。クリニックは西鉄天神駅から徒歩0分の場所に位置しています。お気軽にご相談ください。

新着記事