ロゴの画像

RSウイルス感染症予防に用いられるワクチン「アブリスボ」の取り扱いを開始しました。

2024-06-11 Uncategorized

こんにちは、最近ニュースでも取り上げられていますが、RSウイルス感染症予防目的に接種することができるワクチン「アブリスボ」が発売されました。ゼロマチクリニックでも、取り扱いをはじめましたので、ご案内いたします。

RSウイルス感染症予防ワクチン「アブリスボ」

接種費用

33,000円(税込)

RSウイルスとは?

RSウイルス(Human respiratory syncytial Virus: RSV)は、主に乳幼児や高齢者に重篤な呼吸器感染症を引き起こすウイルスです。特に乳幼児では、気管支炎や肺炎を引き起こすことがあり、入院が必要となるケースも少なくありません。また、免疫力が低下している高齢者や基礎疾患を持つ方々も、重篤な症状を引き起こすリスクがあります。

ほとんどの人が、2歳までに初感染する一般的なウイルスである一方で、非常に感染力が強く、咳などによる飛沫感染と、ウイルスが付着した手指や物等を介した接触感染により感染します。感染後は、抗体が産生されますが、抗体量が感染防御には十分ではないため、生涯にわたり再感染を繰り返します。

RSウイルス感染症の診断は、症状と、迅速診断キットによる抗原検査によって行われます。小児では、鼻粘膜のぬぐい液を用いて抗原検査が行われますが、成人では小児に比べてウイルス排出量が少ないため検出感度が低く、検出困難です。

RSウイルス予防の重要性

RSウイルス感染症は、冬季に流行しやすく、家庭内や施設内での感染拡大が懸念されます。特に乳幼児を持つご家庭や、高齢者施設では、感染予防が極めて重要です。RSウイルスは、飛沫感染や接触感染によって広がるため、予防対策が欠かせません。

「アブリスボ」ワクチンの効能と効果

「アブリスボ」ワクチンは、RSウイルスに対する免疫を強化し、感染予防効果を高めるために開発されました。このワクチンは、乳幼児や高齢者、または基礎疾患を持つ方々に特に有効とされています。ワクチン接種により、RSウイルス感染症による重篤な症状を予防し、入院リスクを軽減することが期待されます。

ワクチンの仕組み

「アブリスボ」ワクチンは、RSウイルスの表面タンパク質を基にしたワクチンです。接種することで、体内で抗体が生成され、RSウイルスが体内に侵入した際に迅速に攻撃することができるようになります。これにより、感染を予防し、重篤化を防ぐ効果が得られます。

対象者

「アブリスボ」ワクチンは、特に以下の方々に推奨されています:

当院では、「アブリスボ」ワクチンを一回33,000円(税込)で提供しております。保険適用外となりますが、予防接種の重要性を考慮し、ぜひご検討ください。

RSウイルス感染症予防のために、早めの対策をお勧めします。ご予約やご質問は、受診時に相談いただくか、クリニックホームページのお問い合わせより、ご連絡ください。

皆さまの健康を守るため、ゼロマチクリニックは全力でサポートいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

ご予約については、在庫の観点から、こちらから事前にお問い合わせいただくようよろしくお願いいたします。

新着記事